歩行器や歩行杖は、移動に関しての負担を軽減させてくれるための介護用品です。
助かる介護用品

歩行器と杖について。

  1. 助かる介護用品  >
  2. 歩行器と杖について。

歩くのを補助する役割がある、重要な用具です。

歩行器について。

歩行器とは、歩くのが困難な人が使用する、歩行の補助をするための介護用具のことです。

その種類としては、固定式の歩行器や、
車輪付きの歩行器などがあります。(一見、子どもの乗る乗り物みたいです。)
歩行器は、その見た目とは裏腹に、介護には非常に重要な道具となりうるものです。

そんな歩行器にも種類があるのですが、
台のような形をしているものもあれば、
車輪つきのものもあるのですが、
こうした車輪の在る無しによっても、その使い心地は全く異なってきます。

確かに、車輪付きの方が移動は楽ではあります。
ですが、固定式の歩行器は、体を使って動かすため、
一見動かしにくそうなのですが、この歩行器を持ち上げることの出来る力がある方に適しているという特徴があるため、
ちょっとした運動代わりにもなりそうですよね。
リハビリ効果なども狙っているからなのでしょうか?

一方、車輪付きの歩行器では、移動がものすごく楽なものです。
ブレーキや腰掛けなどの機能も付いていますので、
ちょっとした乗り物のような感覚で使えたりするのでは?
・・なーんて、ハタから見ると思ってしまいます。

他の種類で言えば、交差式の歩行器というものがあります。
この歩行器は、台の左右の部分がそれぞれ交互に動くものですので、
歩く際は交互に右・左・右・左・・という風に動かすことができます。

杖・ステッキについて。

歩行器よりも、もっと手軽に使えるのが、杖やステッキなどと呼ばれている道具があります。
これは、歩行補助のための道具であり、その名の通り、棒状になっている介護用品の一種です。

杖は、歩行することによって、足にかかる負担を軽減することが出来るメリットが一番なのですが、
杖で補助するために歩行するスピードを上げたりし、また、歩き方を改善することができたりするような効果ももたらします。
ですので、身近な介護用具として、よく見かけるものとして、メジャーな部類に入ります。

こうした歩行杖は、アルミで出来ているものがよく出ているのではないかと思います。
アルミ製の歩行杖というのは、軽い上に、強度が充分にあるという特徴がありますので、
多少のショックなどでもカンタンには壊れない仕組みとなっています。

また、歩行をサポートする介護用品・杖というと、
病院にいけばよく見かける「松葉杖」なんてのもありますよね。
まさしくアレも歩行杖の一つです。

松葉杖なんかも基本的には木材で出来ていたりしますが、
最近ではアルミ製の、分解が可能なタイプが登場してきていますので、
場所もかさばらずに済みます。

また、最近の歩行杖は、デザインや色なども多様であり、
または輸入物などもあったりするなど、
さりげなくオシャレが出来たり、自分のこだわりを反映させることもできます。
こうした特徴を持つ介護用品は、他の種類を見ても、そんなに無いのではないでしょうか?

ある種、ファッション性をも兼ね備えてもいるのかもしれませんね。

なお、松葉杖や、ロフストランチ・クラッチなどと呼ばれるような種類の杖は、介護保険の適用がされた上でのレンタルが可能な介護用品となっています。
その代わり、1本杖と呼ばれる、T型杖などと呼ばれる杖に関しては、介護保険は適用外とされており、購入は自費のみで行わなければなりません。

pickup

男 脱毛
http://mds-a.jp/
レストランウェディング
http://chez-matsuo.jp/
ロゴ 作成
http://trademark.jpn.com/
出雲大社 結婚式
http://www.izumo-goen.com/
鈴鹿 美容室
http://lovest.frace.jp/

最終更新日:2014/12/18

ページ上部へ移動します。